第44回 人生のバランスを保つ「平常心」

第44回 人生のバランスを保つ「平常心」

皆さん、こんにちは!

 

夫婦関係 冷静

 

夫婦関係の危機を乗り越えたり、充実した人生を歩むためには

 

「平常心」

 

という心の持ち方が大切です。

 

 

人生の中には成功する時もあれば、失敗する時もあります。重要なことは成功したとしても、ただ満足してはいけないし、失敗したとしても諦めてはいけないということです。

 

 

成功した時は

 

→ 成功できなかった時が土台になっていると考える

 

 

これを思い出さなければならないし、

 

 

失敗した時は

 

→ 必ずこの土台で成功する幸せになると考える

 

 

これを信じ思い描くことが大切となります。正に、「心のバランス」が大切だということであります。そういう意味では極と極を通過した人ほど安定した 「平常心」を持つことができるのかも知れません。

 

 

「不動心」

 

 

と言っても心を一点に留めるということはむずかしいものです。極と極のバランスが取れてはじめて「平常心」を持つことができます。

 

 

バランス感覚は肉体的にも精神的にも重要なことですが、

 

 

「平常心」とは「心のバランス」

 

 

ということができます。

 

 

 

私は学生時代は剣道と空手をしました。極限を超えた練習の中で多くのことを学びました。外的に相手を倒したりして、勝ったことも嬉しいのですが、人生全般に通ずる教訓を多く得ることができました。

 

 

その中で、心のコントロールのむずかしさと大切さを感じました。本番の試合というものは緊張したり、気負ってしまったりして実力を発揮できず終わることが多いものです。

 

 

試合でむずかしいのは一回戦と決勝戦です。一回戦は勝って当然というプレッシャーもあり緊張しますし、決勝戦は勝ちたいという気負いがあり、緊張するものです。

 

 

重要なことはいかに日頃の練習の成果を出し切るか?です。そのために大切なのが、心の主管、心の管理です。そのコントロールのポイントは「平常心」です。

 

 

「剣道の極意は平常心なり、

恐懼(きょうく)疑惑は心中の敵」

 

 

と詩吟の歌詞があります。

 

 

剣道の試合の決勝戦となると緊張も極限に達します。その時、思い出すのが苦しかった練習です。

 

 

あれだけ苦しい練習をしてきたのだから、負けるはずがない私以上に苦しい練習をした人はそう簡単にいるはずがないと自分に言い聞かせました。苦しい練習が自信の源となるものです。

 

 

また緊張する試合ほど、練習試合の気持ちで臨むとリラックスして全力を出せるのです。このように、優勝目前にしている時ほど苦しい練習を思い出し、緊張した時ほど練習試合を思い出すようにしました。

 

 

逆を言えば、苦しい練習の時ほど優勝する瞬間の喜びを思い描きながら、練習試合の時ほど真剣な試合と思って完全投入するようにしました。

 

 

このように、

 

 

極と極を思い描く

 

  

 

「平常心」

 

  

 

能力を100%発揮できる

 

 

極と極を思いながら臨むと、「平常心」で取り組むことができ、自分の能力を100%出し切ることができるのです。問題は自分の心の恐れや疑いです。

 

 

「敵に打ち勝つ前に己に克たなければならない」

 

 

野球の松井秀喜選手は本の中で次のことを強調しています。

 

 

夫婦関係 平常心

 

『結果を左右するのは、願いの強さではなく「平常心」ではないかと思います。400打席、同じような心境で打席に入れるかどうか。

 

 

一打出れば勝てるという場面は、相手投手にとっては、一打浴びれば負ける場面です。ピッチャーとバッターのどちらがより「平常心」で臨んでいるかが、勝負の分かれ目になるような気がします。

 

 

チャンスに強いバッターというのは、要するに、ここぞという場面でも「平常心」を保てる選手ではないでしょうか。』

 

(松井秀喜選手)

 

 

このように、「平常心」が大切なのですが、それを保つポイントが

 

「極と極に通じるバランス」

 

です。

 

 

例えば、皆さん!

 

 

4メートル程の長さの一本の棒を肩にかけていると想像してみて下さい。右側の先に、5キロの重しを吊るしました。

 

 

5キロほどならば・・・

 

 

何とか落ちないように、持ちこたえることができるでしょう。それをさらに10キロにしました。さらに20キロにしました。少しの時間であれば、持ちこたえることができますがだんだん難しくなります。

 

 

さらに、40キロまで重りを吊るしたいのですが、どうしたら良いでしょうか?

 

 

それは両端に均等に20キロずつ吊るしたら長く持っていることができるでしょう。この教訓は、極と極との吊り合いがあったら、バランス良く長持ちするということです。

 

 

どんなスポーツにおいてもスポーツ選手にとって体のバランスが重要になります。専門家に言わせると、目線と肩甲骨のバランスが必要だといいます。

 

 

見たものを正確に認識するためには、左右傾かない目線が大切であり、手足のバランスを取るには左右の肩甲骨が水平を保つことが必要だといいます。

 

 

野球のイチロー選手はボールがバットに当たる瞬間まで左右の肩甲骨を結んだラインを水平に保っているなど非常にバランスのいい位置に保ちながら運動能力を発揮しているようです。

 

 

この空間認知力を高めるためには、歩く時も目線や肩甲骨、腰が傾かないように心掛けて歩く必要があります。さらに、物理的な法則だけではなく思いの世界も同じです。

 

 

ここに一つの平均台があるとします。

 

 

平均台の端に立ってから、ゆっくり台の上を歩いてみましょう。多くの人は落ちないで反対側まで渡ることができるでしょう。渡れて当然だと思っているからです。

 

 

高所恐怖症

 

では、同じ平均台ですが10階建てのビルとビルの谷間に架けてありました。一歩間違ったら、真っ逆さまに落下します。さあ、同じように渡ってみましょう。

 

 

どうでしょうか?

 

 

先ほどと同じように、すいすいと渡ることができるでしょうか?渡ろうとする人自体居なくなるかも知れません。

 

 

なぜかというと落ちるかも知れないという恐怖心に主管されているからであります。心のバランスを失っているからです。渡る唯一の道は、ビルとビルの谷間にあったとしても部屋の中にあると思って渡ることです。

 

 

このように、

 

「心のバランスを持つことが平常心を保つ方法」

 

です。

平常心を保つ瞑想とは?

ところで、「瞑想」という言葉を知っていると思いますが、具体的にはどういう意味でしょうか?

 

 

実は

 

「瞑」と「想」は、

 

反対の意味を持っています。

 

 

「暝」とは

 

暗く静かになって、限りなく無に近づくことです。

 

 

「想」とは

 

思い描くこと、想像すること像を創り出すこと、有を生み出すこととなります。

 

 

まず目を閉じて、身体からすっかり力を抜き、緩やかに呼吸をし続けて、次第に五感を休息させながら静かになっていく、これが「暝」です。

 

 

外界との接触を一時絶って自分自身の内部の世界に沈んでいくのです。そして次に、まっさらになった心のキャンバスに思うままに絵を描くのです。それが「想」です。

 

 

例えるならば、

 

落書きで一杯の黒板に黒板拭きで拭き取るのが

 

「暝」

 

その後、綺麗な黒板にチョークで色々と書き込むのが

 

「想」

 

です。

 

 

この時、「暝」 によって外界との接触を絶つのですが、これは決して無感覚になることではありません。快も不快も取り除く 「無」 の状態であり、正しいことも間違ったことも無くすことです。

 

 

言葉を変えれば、

 

「バランスを失った心をゼロにリセットする」

 

ことです。

 

 

これが、

 

→ 不幸感から幸福感へのポイント切り換えの出発点

 

 

なのです。

 

 

そしてゼロになったところで、幸福な夢を描き成功のイメージに浸ることになります。心に夢を描こうとしたら、まずゼロになることです。「平常心」になって初めて描けるものです。

 

 

スポーツの世界では、改めて「瞑想」を行っていないのに「瞑想」の効果を活用しています。スポーツでの失敗は負けることへの想像が恐怖心を呼んで筋肉を萎縮させることから起きます。

 

 

では、この恐怖心を無くすためにはどうしたらいいでしょうか?

 

理屈は簡単です。

 

勝つことを考えないようにすればいいのです。

 

 

勝つことを意識すれば、ひょっとして負けるのではないか?という恐れが強くはびこり、何かの弾みでマイナスの方の考えに引きずられてしまいます。

 

 

先ほどから、極と極の話をしていましたが、極端に極を意識するというよりもプラスとマイナスの循環から抜け出すためには、「暝」の行を行い、無になることです。

 

「平常心」になってゼロポイントにするのです。

 

 

勝つか負けるかということに捕われた感情の闘いの消された気負いのない「平常心」となります。医学的に言ったら、「平常心」とは交感神経と副交感神経のバランスが取れている状態です。

 

 

心理的にも物事に柔軟に対応できるのが、「平常心」であります。この「平常心」に至ることができれば、これからは瞑想の「想」です。

 

 

“夢をイメージして描く”ことです。そこには、大きな夢を描くことができるのです。

 

 

「平常心」の土台ができたら、そこに描いた夢は実現します。このように、もっと大きい勝利を視覚化できなければなりません。

 

 

瞑想するのは「視覚化訓練」であるとも言います。

 

 

視覚化を通して未来に光輝く私達のイメージを描くことがとても重要です。そのようなイメージを見つめながら、自らを励まして下さい。皆さんの心を激励して下さい。

 

 

困難を乗り越えるのだという愛を込めた言葉を送って下さい。そのようなイメージを思えばそのイメージを成し遂げることができる確率が高くなるでしょう。

 

 

そのイメージに絶対的に服従すれば

 

より多くの勝利、

 

より多くの悟り、

 

より多くの平和を

 

成すことができるでしょう。

 

長嶋茂雄

 

長嶋茂雄さんの選手時代は「試合の前日の夜は、自分がホームランを打って、観客がどよめいているシーンを思い描き、そして家で迎えてくれる奥さんの笑顔、「何本目のホームランですね。おめでとう」という奥さんの言葉、そのホームランを祝ってのご馳走まで想像して眠りについた。 (長嶋茂雄監督)

 

 

と言っています。

 

 

一般的な生活においても、その日のスケジュールを頭の中で反復するなど会う人との会話や会議での発表のシーンを思い浮かべて自分の行動を予行演習するのです。

 

 

その時、イメージがどれだけ細かく描くことができるかによって、大きく違って

 

 

「自分と自分の人生に対して肯定的で明るいイメージを描いてみましょう。」

 

 

 

私たちの人生は私たちがどんな考えをして生きるかによって、変わっていきます。肯定的に考えれば私たちの人生もそのようになります。

 

 

私たち自身の未来を描く時、

 

勝利する私

 

成功する私

 

平和を創る私

 

 

というイメージ化し、それを成すために努力すれば、皆さんは人生において

 

より多くの勝利

 

より多くの悟り

 

より多くの平和を

 

得ることが、できるでしょう。

 

 

 

では、今回のポイントを確認してみましょう。

 

 

 

実践のポイント

夫婦 改善 

 

どんな状況でも「平常心」を持てるように意識しましょう。


苦しい時は楽しいことを、楽しい時は苦しいことを考える習慣を持ちましょう。


体のバランス、心のバランス、人間関係のバランス感覚を身につけましょう。


よりプラスのイメージを持って心に力を与えましょう。


 

 

 

このように、「平常心」を持っていくならば、人間関係はじめ人生全てを好転させていくことができるでしょう。

 

 

以上で終わります。ありがとうございました。

 

 

次回は、「第45回 夫婦関係の基本は挨拶の徹底」です。

 

お楽しみに!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

 

関連ページ

第31回 夫婦の愛と性
夫婦生活は円満な関係を築くには大切なものです。上手くいかない原因と改善する方法を解説します。
第32回 掃除を通して心を綺麗にしよう!
夫婦関係を深めるには、掃除をすることによって心も綺麗になり整理されるものです。掃除する力は仲良くなる力となります。
第33回 夫婦関係を深める共感力
夫婦関係を深くするのに必要な共感する力とその技術を詳しく解説します。
第34回 夫婦関係を楽しくするユーモア
ユーモアは人の心に笑いt感動を与えます。夫婦関係もユーモアを通して楽しくしていきましょう。
第35回 夫婦関係のイライラを解消する方法とは?
ご主人の態度や言葉にイライラする。このイライラを解消する方法を解説致します。
第36回 喜びを感じる夫婦関係「感動力」
喜びのある夫婦関係を築くには、「感動力」を磨くことが大切です。感動力をいかにつけるか解説します。
第37回 夫婦関係を改善する自己肯定力
自分を肯定的みることが出来ないと相手も肯定的に見ることができません。その秘訣を解説致します。
第38回 人を伸ばすコーチングとは?
相手を伸ばす高めるスキルに「コーチング」というものがあります。そのポイントを詳しく解説致します。
第39回 解決を見出す質問力
夫婦関係を深くするためには会話の中に質問を用いることによって円滑になるものです。その方法を解説致します。
第40回 短く要約して伝える力
短く要約して伝える力、1分間スピーチトレーニングはとても有効です。詳しく解説致します。
第41回 身体全体で語る表現力
夫婦関係もいかに相手に伝えるか?表現力が問われます。5つの要素を詳しく解説します。
第42回 信頼関係を築く褒める力
褒めることで相手の存在を理解しているというメッセージとなり信頼関係を築くことができます。5つの褒める方法を解説します。
第43回 相手を喜ばせる予想外の褒め方
信頼関係を築くのに褒めることは大切なことです。今回は、予想外の褒め方を解説していきます。