第31回 掃除を通して心を綺麗にしよう!

第32回 掃除を通して心を綺麗にしよう!

皆さん、こんにちは!

 

「夫婦関係修復講座」を始めていきたいと思います。

 

今回のテーマは、「第32回 掃除を通して心を綺麗にしよう!」

 

 

夫婦関係 掃除

 

 

夫婦関係や人間関係の円滑さを決定する要素の中に環境の影響があります。身の周りの環境を改善することによって心が変化したり、夫婦関係や人間関係が改善されたりするものです。

 

皆さん、部屋をきれいに掃除した時に、心までスッキリしたという経験はないでしょうか?身の周りの不用なものを捨てるさっぱりと爽快感を感じた経験はないでしょうか?誰もがあることでしょう。掃除することを通じて心までスッキリするし、さっぱりするということです。

 

 

「掃除することで、

 

心までスッキリさっぱり

 

させることができる」

 

 

逆に環境が汚いと心がゴチャゴチャと混乱しやすいものです。人間関係が複雑な人は、環境が汚くなりやすいという特徴があります。

 

 

皆さんの家庭や職場で

 

 

「あれっ、どこに行ったかな?

 

ここに置いたはずなんだがな〜?」

 

と言いながら、

 

物探しをすることはありませんでしょうか?

 

 

一般的なサラリーマンは仕事の中で、一日当たり数分から数10分を探し物に使うと言います。すると一年間で一体どれほどの時間をロスしていると思いますか?なんと一年間でロスする時間は150時間と言われています。

 

 

サラリーマンが「物探し」で

 

 

ロスする時間は年間150時間!

 

 

それはおよそ一ヶ月間会社で働く時間となります。チリも積もれば山となると言いますが、これほどまでにムダにした時間を過ごしているのです。仕事上のトラブルの第1位は、やはり探し物が見つからないということだそうです。

 

 

◆仕事上のトラブル◆

 

第1位  探し物が見つからない!

 

倒産した会社には一つの共通点があると言われます。

 

それは会社内が汚いということだそうです。

 

 

◆倒産した会社の共通点◆

 

 「会社内が汚い!」

 

また不祥事を起こす会社にも共通の特徴があるそうです。それは事務所内が乱雑だということです。

 

 

◆不祥事を起こす会社の共通点◆

 

 「事務所内が乱雑!」

 

 

乱雑な環境の中で仕事をしているととても仕事の効率が悪くなり、トラブルが続いたりしますが環境をきれいにしていくうちに改善されていくと言います。ごみ、汚れ、乱雑さというものはマイナスエネルギーが発生しています。

 

 

ゴミ、汚れ、乱雑さからは

 

 

マイナスエネルギーが発生する!

 

 

同じエネルギーのものは引き合増幅し合うのです。乱雑な仕事環境のマイナスエネルギーが現象として現れる事柄として、集中して仕事に取り組むことができないということです。つまり、エネルギーを分散させられてしまうということです。

 

 

集中して仕事に取り組むことができない

 

 

→エネルギーが分散させられてしまう

 

 

逆にいうと、ごみ、汚れ、乱雑さを取り除くことによって状況を改善することができるということを意味しています。

仕事の基本「5S」は、会社成長の必須条件

 

 

夫婦関係 掃除

 

 

一流企業の発展法則の中に、5Sという言葉があります。

 

5Sとは

 

◆仕事の基本「5S」会社成長の必須条件

 

@整理

 

 

A整頓

 

 

B清掃

 

 

C清潔

 

 

Dしつけ

 

 

の徹底です。

 

これが会社成長の必須条件と言われて、
仕事を成す上での基本と考えられています。

 

 

@整理・・・要・不要を分別する

 

まず、整理です。

 

 

これは要るものと要らないものを分別することです。要らないものは捨てる、要るものは活かして使う、要らないものを抱え込んでいることは人体に例えると便秘をしていることと同じです。要らないものを抱え込んでいたら、病気の元になります。また要るものは当然、捨ててはいけません。

 

 

人体に例えると要るものまで捨ててしまうことは、下痢をするようなものです。要るものは活かして下痢をしないことが人体の健康を維持する為の基本条件です。

 

次に

 

A整頓・・・必要なものを整える

 

整頓です。

 

 

整頓とは必要なものはいつでも誰でも取り出せ、常に使える状態にすることを言います。整理整頓を徹底すると仕事の効率と能率が上がります。

 

 

次に

 

 

B清掃・・・継続して実践する

 

清掃です。

 

 

清掃というものは理論や理屈ではなく実践そのものです。清掃を行うことであり、続けることです。続けるコツは掃除の道具をきちんと備えることや置き場所を決めること、さらには工夫しながら清掃することなどがあげられます。清掃を徹底すると仕事の質が上がります。

 

 

次に

 

C清潔・・・整理・整頓・清掃ができた状態を維持する清潔です。

 

 

清潔というのは整理、整頓、清潔がきちんとできた状態を維持していくことです。その上で汚さない仕組み、乱れない、仕組みにするなどきれいさを維持することとなります。

 

 

最後に

 

Dしつけ・・・整理・整頓・清潔の習慣を身につける

 

しつけです。

 

 

整理、整頓、清掃を正しく守れるように習慣化することです。指示・命令でやったり、当番でやったりするというのではなく、習慣として身につけることです。続けることが「しつけ」として定着すると社風が良くなります。このような「5S」を徹底すると社内にはびこるあらゆるムダが激減します。

 

 

◆仕事の基本「5S」会社成長の必須条件◆

 

夫婦関係 掃除

 

@整理要・不要を分別する

 

A整頓必要なものを整える状態を維持する

 

B清掃継続して実践する

 

C清潔整理・整頓・清掃ができた状態を維持する

 

Dしつけ整理・整頓・清掃の習慣を身につける

 

 

経費のムダ、時間のムダ、そして労力のムダなど「5S」を徹底するとそのようなムダが見えてくるし、改善されます。

 

 

ところで、皆さんの部屋はどうでしょうか?

 

きれいに片付いているでしょうか?

 

「あなたの部屋はあなたの心の現れである」

 

ということもできます。

 

 

このように、身の周りの環境は私の心の現れですから、

 

 

「環境をきれいにする

 

ことは心をきれいにすること」

 

 

につながります。

 

 

整理という不要な捨てることによって、自分に不要なものを分別する力がついてきます。

 

 

整理=分別力

 

 

整頓という必要なものを整えることによって、自分に必要なものへの集中力がついてきます。

 

 

整頓=集中力

 

 

清掃することによって、実践力、実行力が身についてきます。

 

 

清掃=実践力・実行力

 

 

清潔というきれいにする創意工夫することによって、改善力・徹底する力が身についてきます。

 

 

清潔=改善力・徹底力

 

 

さらに「しつけ」という整理、整頓、清掃を習慣化することによって人格として身についてきます。

 

 

「しつけ=人格の成長学校」

 

 

このような「5S」の徹底をすることによって仕事のミスが減った、効率が良くなった、業績が上がった、人間関係が良くなったという話は数多くあります。

 

 

さらに、「5S」はただ単なる清掃ではなく人間づくりにも繋がっているということです。

イエローハットに学ぶ掃除の教訓とは?

 

夫婦関係 掃除

【中古】CD 鍵山秀三郎感動の講話集(掃除哲学編)〜ひとつ拾えばひとつだけきれいになる / PHP研究所 (−)

 

清掃を徹底して発展した会社で有名なのは、自動車部品販売会社の「イエローハット」です。

 

鍵山秀三郎社長が会社を創業して50年近い歴史が掃除の歴史だったと断言しても過言ではありません。

 

高齢になった今でも元日から会社周辺の掃除を行っています。毎朝、6時半頃には出社して約一時間半、会社内外の清掃をしています。

 

この会社のトイレ掃除が起点となって

 

「掃除に学ぶ会」

 

というものができ、全国に拡がったという経緯があります。

 

社長がトイレ掃除の為に訪れた学校は600校余り、社長には掃除に関する講演依頼が殺到するようになり、講演回数は多い時には1ヶ月当り17〜18回に及び、130回を越える年もあるそうです。

 

売上至上主義に暴走することなく奉仕精神で発展して、現在、イエローハットの数は国内外に500店舗ほどになっています。

 

長年、掃除に取り組んできたことで、最も顕著な変化を自覚できたのは社風が良くなったことだそうです。

 

◆長年の掃除の取り組みの結果

 

 「社風が良くなった」

 

掃除は共同作業で行います。

 

自分たちの職場を共同作業できれいに掃除することによって、自然と連帯感や協調性が育まれます。その結果、社内の人間関係が良くなり社風が良くなるというのです。また、お店をきれいにすると客層が変わるという現象があるようです。

 

 

営業でも掃除が行き届くようになると、接客マナーも格段に向上するし、お客さまからのクレームも激減したり、きれいなお店にはいいお客さまがご来店して下さるようになり、客層まで様変わりします。さらに、車をきれいにすると事故が激減すると言います。

 

 

汚れた車に自然に気持ちも粗暴になり、運転も雑になるという人間の心理があります。そういう心理状態が結果として事故につながるということです。だとするならば、車をいつもきれいにしておけば、気持ちも運転も穏やかになるのではないでしょうか。

 

 

先輩社員が後輩社員の車を洗うのも日常茶飯事です。

 

このように、お互いがお互いの車洗うようになって、社内には自然と協調性が芽生えて来ました。

 

同時に社員同士の連帯意識も高まり、風通しの良い人間関係が育まれるようになりました。

 

その結果、不思議と車のこすりや傷や事故が激減したというのです。

 

この掃除は社員に対してもお客さまに対しても感動を提供する小さな親切ではないでしょうか。

 

◆掃除

 

「感動」を提供する小さな親切

 

この社長は感動なき組織は衰退すると言いながら感動を提供しようという意欲強い方です。

 

この会社の経営理念とも呼ぶべきマインドは、

 

”もっと感動もっと幸せ”

 

です。

 

 

そんな思いから、映画「てんびんの詩」を社長が全額出資して作製しました。商いの原点を世に問いたい一心で、制作しましたが、この映画こそ弱小の小売り店やメーカーの人々に大きな勇気と感動を与えました。感動することの少ない世の中の人々に感動を共有してもらいたいと願って制作したと言います。

 

 

この社長は人生の公式を次のように表現しています。

 

◆人生の公式

 

非凡=平凡×徹底

 

超非凡=平凡×徹底×継続

 

非凡=平凡×徹底である。

 

さらには、超非凡=平凡×徹底×継続であるといいます。

 

掃除という当たり前のことですが、徹底すること、継続することで素晴らしい才能になり、力となるのではないでしょうか。

 

身近な当たり前のことを継続すること、徹底することで、夫婦はもとより、人間関係はじめ人生全てが好転するきっかけになることでしょう。

 

 

では「第32回 掃除を通して心を綺麗にしよう!」のポイントを確認しましょう。

 

 

実践のポイント

夫婦 改善 

 

「5S」を生活の中で徹底しましょう。


分別力・集中力・実践力・改善力を持ち人間性を向上


「5S」は積極的な心の力を与える


「5S」を通して自分の本質が見える


平凡を徹底したら非凡となり、能力となる。


 

 

夫婦喧嘩で落ち込んだ時って、心が傷つくし何もやる気が起きなくなりますよね?すると心の反映が家の中に成されます。気分が良い時は部屋が片付いているけど、喧嘩の後は、心の反映が部屋の中に表れてきます。

 

 

 

その部屋の乱れは、マイナスのエネルギーとなって自分に返ってきます。外に表れた部屋の乱れを正すことで、それがプラスのエネルギーとなり、自分の心を正すのに後押ししてくれるのです。

 

 

このように、掃除の力を身に付けて、夫婦関係や人間関係をはじめ人生を豊かにしていきましょう!

 

 

今回はここまでとします。ありがとうございました。

 

 

次回は、タイトルはまだ考えていますが、共感するについて語ってみたいと思います。

 

 

お楽しみ!

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

第31回 夫婦の愛と性
夫婦生活は円満な関係を築くには大切なものです。上手くいかない原因と改善する方法を解説します。
第33回 夫婦関係を深める共感力
夫婦関係を深くするのに必要な共感する力とその技術を詳しく解説します。
第34回 夫婦関係を楽しくするユーモア
ユーモアは人の心に笑いt感動を与えます。夫婦関係もユーモアを通して楽しくしていきましょう。
第35回 夫婦関係のイライラを解消する方法とは?
ご主人の態度や言葉にイライラする。このイライラを解消する方法を解説致します。
第36回 喜びを感じる夫婦関係「感動力」
喜びのある夫婦関係を築くには、「感動力」を磨くことが大切です。感動力をいかにつけるか解説します。
第37回 夫婦関係を改善する自己肯定力
自分を肯定的みることが出来ないと相手も肯定的に見ることができません。その秘訣を解説致します。
第38回 人を伸ばすコーチングとは?
相手を伸ばす高めるスキルに「コーチング」というものがあります。そのポイントを詳しく解説致します。
第39回 解決を見出す質問力
夫婦関係を深くするためには会話の中に質問を用いることによって円滑になるものです。その方法を解説致します。
第40回 短く要約して伝える力
短く要約して伝える力、1分間スピーチトレーニングはとても有効です。詳しく解説致します。
第41回 身体全体で語る表現力
夫婦関係もいかに相手に伝えるか?表現力が問われます。5つの要素を詳しく解説します。
第42回 信頼関係を築く褒める力
褒めることで相手の存在を理解しているというメッセージとなり信頼関係を築くことができます。5つの褒める方法を解説します。