第31回 夫婦の愛と性

第31回 夫婦の愛と性

夫婦生活

 

 

皆さん、こんにちは。今日のテーマは「夫婦の愛と性」というテーマでお話をします。

 

 

ある男性の方から相談を頂いた時の話です。

 

 

最近、夫婦の仲が上手くいかず家に帰っても安らぎがありません。よく聞いてみると、一種の恨みにも似たような感情があるように思いました。

 

 

それで、私は「お二人の性生活は上手くいっていますか?」と聞いてみました。そうすると、実はそれが悩みだと話してくれたのです。

 

 

実は、私の妻はセックスが嫌いなのか何かにつけて断るし、また応じてくれても仕方なくという感じなので、私としては満足には程遠くストレスが溜まる一方です。

 

 

もしかしたら、私は嫌ってるのかも知れませんけどという感じだったんですね。というご主人の話でした。

 

 

 

一方、奥さんの方に聞いてみますと・・・

 

 

また違った意味で不満があるようでした。

 

 

「別に夫が嫌いというわけではありませんが、何だか体ばかり求められているようで嫌なんです。精神的な愛情を感じないのでつい、断りたくなってしまうんです。

 

 

 

時には私を利用してるだけなのかとさえ感じることもあります」と奥さんは答えるのでした。この二人の間には性生活という点について、かなりの溝ができていました。

 

 

 

やはり、愛と性ということを考えると、この場合の愛というのは精神的な意味での愛、性というのは性的欲求という意味です。個人差はありますが、男性でも女性でも結婚したからには、男性も女性も愛においても性においても満たされたい!という気持ちはやはり持っています。

 

 

 

一般的に言うと男性は女性よりも性欲が強い場合が多いです。まず最初に体で愛し合って満足して、その後、自分を受け入れてくれた妻に対して愛おしさがジワーっと湧いてくるものなので、こういう感覚に近いかもしれません。

 

 

ところが、一方、女性はそうじゃないんですね。

 

 

女性はいきなり体を求めてくる夫の行動に対して、非常に抵抗を感じます。夫から精神的な愛情を感じないと性欲自体が湧いてこないという違いがあります。

 

 

このようにして見た時に、夫も妻も、愛も性の満足を求めてはいるけれども、

 

 

傾向としては

 

 

男性は、性 → 愛

 

 

女性は、愛 → 性

 

 

という傾向があります。

 

 

この微妙な男性と女性の違いが、時として二人の間に非常に深刻な誤解を生み出すことがあります。それが悲劇の悪循環を起こす場合もあります。

 

 

外で仕事をやって疲れて帰ってきた夫は、男にとって仕事というのは失敗が許されない世界であり、緊張とストレスが溜まります。ですから、家に帰ったら安らぎたいんですね。やすらぎ入れたいし、またストレスを解消して力をつけたいと思います。

 

 

 

ストレスの解消、またやすらぎ、この両面をおいて最も満たされるものは何かというと何でしょうか?

 

 

家に帰って妻が作ってくれた美味しい食事を頂く、これもいいです。ゆっくりお風呂に浸かる、これも安らぎになるかも知れません。気分転換のためにテレビを見ることもいいです。

 

 

しかし、このストレスの解消や安らぎを得るというその両面を最も満たす最高の方法というのは、実は何かというと妻と愛し合う。抱き合って愛を確認し合うことなんです。

 

 

そこで夫は今晩、どうしても妻と愛し合いたいという欲求が強くなってきた時に、家に帰ってきたら妻にサインを送ります。ところが、サインを送ったけれども妻にゆとりがあった時は応じてくれるかも知れませんが、心に余裕がない時は、断られてしまいます。

 

 

 

そうすると、自分を愛していないのではないか?自分は嫌われているんじゃないか?という気持ちが湧いてきたり、夫は苛立ち、怒りっぽくなります。

 

 

 

そして夫が怒りっぽくなると、妻は、もっと夫の精神的愛情を感じなくなって、もっと一層頑なに成って夫を拒否します。すると夫はもっとストレスが溜まって、もっと荒れてきます。このように、どんどん悪循環していき夫婦の関係が非常に冷え込んでしまう、険悪な関係になってしまうわけです。

 

 

 

そして、妻が夫に対する不信感、あるいは一種の恨みにも似たそういう思いを持つことが起こってきます。やはり、夫がサインを送った時に、そっけなく断られる、つまり性生活を拒否されると、夫は傷ついて、怒りや、妻に対する愛情が、急速に冷めてきます。

男性と女性の性欲の違いとは?

夫婦生活

 

このような悲劇はなぜ起こってくるのかと言うと・・・?

 

 

実は、

 

 

男性と女性の性欲の違い

 

 

から起こってくるのです。

 

 

そもそも性欲自体が男性と女性では特徴がある、違いがあるということに気がつきます。それは、もちろん個人差はありますが

 

 

一般的に言うと、

 

 

男性の性欲は常に備わっているもの

 

夫婦生活

 

 

男性の性欲の衝動というのは女性よりも強いといわれています。また男性の性欲は常に備わっているものということがいえます。

 

 

特別なことがなくても、基本的にある年齢まで性的欲求は普通にあるというのが男性です。

 

 

男性は仕事をしてる時は仕事モードになってるし、趣味のゴルフになれば趣味のモードにチャンネルになっているのです。

 

 

そして、妻との愛情モードになれば、いつでも性生活ができるのが一般的な状態に近いと思います。

 

 

 

女性の性欲は誘発され開発されていくもの

一方、女性の性欲というのはそれとはかなり違います。

 

 

雰囲気や状況によって誘発され、あるいは啓発され開発されていくのであると言う事はできると思います。

 

 

例えば、何か家事ができていないとか、育児に追われてる、仕事に追われてるという時は、もうほとんど性的欲求がありません。

 

 

妻に性的欲求が湧いてくる時というのは、やはりまず心にゆとりが持てる時です。

 

 

そして、夫に精神的愛情を感じた時に欲求が高まるのです。

 

 

 

性生活が円満にいく秘訣とは?

・夫の場合

 

どのように考えたら良いかというと、夫はたとえ、妻から断られたことがあったとしても、「もう自分を愛していないんじゃないか?」とか、「妻はセックス嫌いの変人だ」と思い込んでしまわないことです。

 

 

夫婦生活

 

 

まずは、妻の様子を見て疲れてるとか家事が滞っているのであれば・・・?

 

 

家事の手伝いをして妻の心を楽にしてあげる

 

 

のです。

 

 

いたわりとか優しい態度、優しい言葉を伝えてあげた上で、愛のサインを送れば上手くいくのではないでしょうか?

 

 

・妻の場合

 

では反対に、妻はどのようにしなければならないでしょうか?

 

 

夫が、急に愛の声を求めてくるようなことがあったとしても、「体ばかり求め何よ!」「愛情もないくせに!」と誤解しないことが大切です。

 

夫婦生活

 

 

夫が願うときはできるだけ応じてあげて、そして欲求を満足させてあげることが賢明です。

 

 

さらにもう一歩進んで、自分も夫と一緒に楽しもう!このような積極的な姿勢で臨んでいけば、これは二人でとても感動的な性生活を持つことができます。

 

 

もちろん、いつも応じるといっても女性にもちゃんと事情があるので、体調悪い時もあり、仕事が大変という時もあります。精神的余裕を持てない場合もあり、生理のときもあるので断る時は断っても構いません。しかし、そういう特別な事情がない限りだけ、応じてあげることが夫婦がうまくいく秘訣です。

 

 

 

それでは、今回のテーマ「夫婦の愛と性」のポイントを整理してみましょう。

 

 

実践のポイント

夫婦 改善 

 

性生活を大切に考えよう。


夫はまず「愛情を示して」サインを送ろう。


まず妻は夫の性をできるだけ受け入れてあげよう


二人で最高の感動を探求しよう。

 

 

 

夫婦生活を通して円満な関係を築いていきましょう。

 

 

次回は、「第32回 掃除を通して心を綺麗にしよう!」です。

 

 

お楽しみに!

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

関連ページ

第32回 掃除を通して心を綺麗にしよう!
夫婦関係を深めるには、掃除をすることによって心も綺麗になり整理されるものです。掃除する力は仲良くなる力となります。
第33回 夫婦関係を深める共感力
夫婦関係を深くするのに必要な共感する力とその技術を詳しく解説します。
第34回 夫婦関係を楽しくするユーモア
ユーモアは人の心に笑いt感動を与えます。夫婦関係もユーモアを通して楽しくしていきましょう。
第35回 夫婦関係のイライラを解消する方法とは?
ご主人の態度や言葉にイライラする。このイライラを解消する方法を解説致します。
第36回 喜びを感じる夫婦関係「感動力」
喜びのある夫婦関係を築くには、「感動力」を磨くことが大切です。感動力をいかにつけるか解説します。
第37回 夫婦関係を改善する自己肯定力
自分を肯定的みることが出来ないと相手も肯定的に見ることができません。その秘訣を解説致します。
第38回 人を伸ばすコーチングとは?
相手を伸ばす高めるスキルに「コーチング」というものがあります。そのポイントを詳しく解説致します。
第39回 解決を見出す質問力
夫婦関係を深くするためには会話の中に質問を用いることによって円滑になるものです。その方法を解説致します。
第40回 短く要約して伝える力
短く要約して伝える力、1分間スピーチトレーニングはとても有効です。詳しく解説致します。
第41回 身体全体で語る表現力
夫婦関係もいかに相手に伝えるか?表現力が問われます。5つの要素を詳しく解説します。
第42回 信頼関係を築く褒める力
褒めることで相手の存在を理解しているというメッセージとなり信頼関係を築くことができます。5つの褒める方法を解説します。