第23回 夫婦関係を高めるために理想を夢に描こう!

第23回 夫婦関係を高めるために理想を夢に描こう!

今回は、「夫婦関係を高めるために理想を夢に描こう!」というタイトルでお話します。

 

夫婦関係 夢

 

今まで受け入れる能力について説明してきましたが、相手や環境を受け入れることは大切ですが、自分の人生を受け入れることは、その土台となります。自分の人生を車の運転に例えたならば、その車の運転手は誰でしょうか?

 

 

当然、「私」自身です。

 

 

自分の人生の運転手は、「隣のお友達とはならないでしょう?隣の人の運転が悪くて、走りが遅いとか、事故にあってしまったとかはありえません。自分の人生の車の運転手は「私」自身です。では、その車はどこに向かって行くのでしょうか?

 

 

目的地があって車の運転ができます。目的地が分からず走ってもムダな時間を過ごすだけです。もし、目的地が分からなければ人に聞くのでしょうか?

 

 

「あの道を教えて欲しいのですが・・・?どこに行ったら、いいんでしょうか?」

 

 

これでは教えようがありません。同じように人生の目的地はどこでしょうか?第1通過点、第2通過点、さらに最終目的地というように段階的でもかまいません。このように「人生のゴールを明確にする」ことが大事です。

 

言葉を変えれば・・・

 

「自分の人生の夢を描く」ということです。

 

 

現在。企業が求めている人材は、「自分で考え、自ら行動に移すことのできる人材」であると言われます。言われたことだけやるという依存型の人ではなく、自分で考え、行動することができる人、言いかえるならば「立案力のある人」「夢やビジョンを描ける人」ということができます。

 

 

このように豊かな人生を生きるためには、理想を心に受け入れる能力、夢を描く能力が必要です。そして、人間の脳は素晴らしい能力をすでに持っています。あいつは「持っている」とか言いますが、一部の人のことを言うのではありません。

 

 

夢や願望を明確に描くと、それを実現しようと脳が限りなく動くと言います。車のカーナビゲーションも目的地を入力したら、果てしなく道案内をし続けるように脳にいったん入力したら、それを果たす為に働き続けるというのです。

 

 

ですから、自分が何を望んでいるのか?を明確にしておくことが重要です。あいまいな夢や抽象的な願望では、しっかりと入力されません。人間関係をはじめ、全ての幸せをつかむためには、理想の姿を夢に描くことが大事です。実際に社会の各分野で成功している人は、明確な願望を持っていた一握りの人たちといえます。

 

夫婦関係 夢

 

例えば、北海道のある高校が甲子園二連覇を達成したことがありましたが、その時、新聞記者が監督に「北海道の雪の中で練習するのは、難しかったでしょうね?」と尋ねられました。

 

 

問われた監督は、「それよりも目標を思い続けることの方が難しかった!」と答えています。思いがなければ、二連覇はできなかったということを物語っていました。

 

 

夢を描くとはビジョンや目標を明確にすることです。しかし、目標を達成するというよりも夢を実現すると言った方が何か心からワクワクするものです。

 

 

「ワクワクする思いはやる気や行動力を高める!」ということです。

 

 

 

脳内伝達物質のエンドロフィンやドーパミンという物質がありますが、このドーパミンは、快楽神経とも呼ばれる脳内物質です。脳の中でドーパミンが盛んに分泌されるとウキウキワクワク状態となり、脳が活性化し、様々な能力が高まると言います。記憶力が良くなり、感情が活き活きし、やる気が出てきて行動的になり、創造性も増します。

 

 

よく潜在能力を引き出すという言いますが、

 

 

脳の活性化 ⇒ 潜在能力を引き出す

 

 

まさに、この状態は潜在能力を引き出している状態です。また、ワクワクする思いは、

 

 

「幼子になる」

 

 

とも言えます。幼子が遊んでいる姿は目がキラキラしていて、ワクワクしている姿です、。人間は元来、豊かな好奇心や冒険心旺盛なチャレンジ精神を持っています。

 

 

幼い子供は、ダメだとか、できないとか、自分はこの程度だとかは、少しも考えていません。遊んでいる姿を見れば、分かるように生きることが楽しくて仕方がないというウキウキワクワク状態が子供の心ですから、自分から積極的に様々なことを学び、水が砂に浸み込むように次々に吸収していきます。

 

 

このような状態に導くのが「夢を描く」ということです。多くの人が悩むマイナス思考というものは、過去の経験から生まれてきます。幼い子供を見れば分かるように性格的にもともとマイナス思考という人はいないのです。

 

 

しかし、このようなマイナス思考も夢を描きながら「おもしろい!好きだ!できる!」という思いを持つことによって打ち消されるし人の能力まで変えていきます。夢を描く力、イメージ力は能力をどんどん引き出すものです。

 

 

人間の能力の差 ⇒ 夢を描くイメージ力の差

 

 

とも言えます。

全ての幸せをつかむためには、理想の姿を夢に描くこと

ですから、こうなりたいと願望を目標としてイメージし続けること、そしてその為に自分の心をコントロールすることが大切となります。どのような分野でも大きな成功を勝ち取る人は、必ず人並みはずれてイメージ力を持っているものです。

 

夫婦関係 夢

 

例えば、ソフトバンクの孫正義会長も夢を描く達人です。アメリカから帰国し福岡で会社を立ち上げた時、社員は二人しかいませんでした。

 

 

孫会長は二人を前に・・・

 

 

「いつかこのソフトバンクを立派な会社に育て、豆腐を一丁、二丁と数えるように売り上げを一兆、二兆と数えるような規模にしてみせる」

 

  孫正義 (ソフトバンク社長)

 

と演説したそうです。

 

 

ソフトバンクが大きな会社に成長した背景には、このような創業者の夢があったということです。

 

 

また、野球のイチロー選手が小さい頃から大きな夢を持っていたということは有名です。

 

 

小学校6年生の時の作文は・・・

 

 

「僕の夢は、一流のプロ野球選手になることです。そのためには中学、高校と全国大会に出て活躍しなければなりません。活躍できるようになるためには練習が必要です。

 

 

僕は3歳の時から、練習を始めています。3歳から7歳では、半年くらいやっていましたが、3年生の時から今まで365日中、360日は厳しい練習をやっています。

 

だから、一週間の中で友達で遊べる時間は、5,6時間です。そんなにやっているのだから、必ずプロ野球選手になると思います。そしてその球団は中日ドラゴンズか西武ライオンズです。

 

 

ドラフト1位で契約金1億円以上が目標です。そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待券を配って応援してもらうのも夢の一つです。とにかく一番大きな夢は野球選手になることです。

 

(イチロー選手 小学校6年生時の作文より)

 

このような大きな夢を驚くほどに詳細に描いています。願望が明確です。天才的な結果を残す人は常に未来を見つめているのが特徴です。

 

普通の人は、過去を基準に現在を見る傾向があります。過去にとらわれたり、過去を基準に現在を見ると言うことです。しかし、過去は教訓とするものの未来の夢を描くということは大切です。

 

 

例えば将来の自分から現在の自分を見るならば現在の自分に何が欠けているのか?何が必要なのか?このようなことが、明確に見えてきます。将来の自分から今の自分を起算すれば今やるべきことが分かります。まさに

 

「未来から現在を見る視点が大切」です。

 

 

また豊かな人生を生きる為に何をするか?はその時々の選択で決定します。では、何を基準に選択するのでしょうか?それは時の緊急性と事の重要性です。まさに緊急で大切な事を最優先することは当然です。現実はそれに追われてばかりいるかも知れません。

 

 

しかし、豊かで充実した人生にするために緊急ではないけれども、大切なことを積み上げていくことが大切です。今、必ずしなければならないことではないが、大切なもの、まさに

 

 

「 『夢を描くこと』 は、緊急ではないけれども大切なこと」

 

であります。

 

 

このように

 

「夢を描いて実現する力=創造力(無から有を造り出す力)

 

 

私たちは未来の理想の姿を夢に描いて自分を創造していきましょう。無限の可能性を開くためには、夢を描いて信じることです。

 

 

実践のポイント

夫婦 改善 

 

私の願い事、夢を探してみましょう。


目の前の夢、将来の夢を明確化しましょう。


描いた夢を繰り返し話したり、書いたりしてみましょう。


 

 

今回はここまでとします。

 

次回は

 

第24回 夫婦は個性の違いを認めよう!

 

です。お楽しみに!

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

関連ページ

第1回夫婦の愛は繊細なもの
夫婦の愛は繊細なものです。一瞬にして険悪にしてしまうものとは?
第2回相手の違いを認める
夫婦の性格の不一致をどのように乗り越えればいいのか?具体的な方法とは?
第3回 相手の欠点に悩んだ場合
夫、妻の欠点が見えて悩んだ場合、どのように乗り越えて行けばいいのでしょうか?その対処の方法を説明します。
第4回夫婦愛で大切な愛情表現
夫婦愛で大切な愛情表現はどのようにすればいいのでしょうか?夫婦愛のポイントを講義いたします。
第5回夫の愛と妻の愛
夫婦関係を修復するためには、夫の妻の愛の違いを知る必要があります。一体、どこが違うのでしょうか?
第6回ありがとうの力
ありがとうという言葉には、不思議な力があるのを知っていますか?夫婦の関係を改善する力、自分の人生まで改善する力があります。その秘密とは・・・?
第7回相手を生かす言葉
言葉には、生かす言葉、死なせてしまう言葉があります。どのような言葉が生かす言葉なのか?を学んでいきます。
第8回男と女の違い
男と女は、そもそも感性が違うのです。お互いが認識することはとて大切です。では、男と女の違いはどこにあるのでしょうか?それは・・・
第9回魅力的な夫婦になるための男らしさ女らしさとは?
男らしい男性、女らしい女性は、とても魅力的です。魅力的な夫婦になるためのポイントとは?
第10回 旦那のイライラはなぜ起こる?その原因とは?
旦那のイライラやキレるという現象はなぜ起こるのでしょうか?そこには「男のプライド」というものがあったのです。その真相に迫ります!
第11回 大切な家事
家事は面倒なものと考えがちですが、家事には愛情を伝達するという大切な役割があるのです。
第12回 金の切れ目が夫婦の切れ目?
夫婦関係に大きく影響するお金の問題、そんな危機を乗り越えるためのポイントを紹介致します。
第13回 夫の願いと妻の願い
夫婦関係がうまくいかないのは夫の願いと妻の願いをよく知らないということがあります。今回はその問題解決に向けてのポイントを紹介致します。
第14回 夫婦の会話
夫婦の会話を円満にするためにはある会話法が人気です。夫婦の会話を変化を起こす話し方とは?
第15回 夫婦は私の鏡
夫婦関係において相手の嫌な面をどのようにとらえていけばいいのでしょうか?今回はこの問題を考えていきます。
第16回 妻が変われば家庭が変わる
家庭の中で妻は大きな役割と力を持っています。今回は幸せの原則と合わせてお話します。
第17回 泣くこと笑うことの大切さ
夫婦で一緒に泣くこと、笑うことはとても大切なものなのです。その重要性をお話します。
第18回 結婚生活に必要なものとは?
結婚生活に必要なものがあります。大きく分けて4点あります。夫婦の間にきちんと準備されていますか?その必要なものとは?
第19回 男のプライドを大切にしよう!
男のプライドは、自尊心です。夫婦関係を修復させるには、男のプライドとはどんなものなのか?を理解し大切にすることが重要です。
第20回 夫婦関係の力を養おう!
夫婦関係は、コミュニケーションで成り立っています。夫婦関係を良くするとは、すなわち、コミュニケーションを良くすることです。そこでコミュニケーションを高める方法を解説していきます。
第21回 価値ある夫、価値ある妻となろう!
夫婦関係を円満にするために、価値ある夫、価値ある妻となるためには、何に気をつけるべきなのかを解説していきます。
第22回 夫婦関係を高める感謝力を身につけよう!
夫婦関係を高めるためには、感謝できる能力が大切です。大石順教先生の教訓を通して学びましょう。
第24回 夫婦は個性の違いを認めよう!
夫婦喧嘩をした時に相手が変わってくれたならばいいのにと思いますが、これが喧嘩の元になっているのです。どうすればいいのか?を解説していきます。
第25回 夫婦関係は傾聴が大切
話し上手は、聞き上手というように、夫婦関係は相手が理解しないとなりがちです。今回は傾聴をテーマとして解説していきます。
第26回 相手を変えるから自分が変わるへ
夫や妻に対して欠点を直してくれたら、うまくいくのにと思いますよね?これって、本当に難しいことなんです。だから夫婦関係は難しくなるのです!
第27回 夫、妻を肯定的に見る
夫婦関係は、親子関係が影響します。円満な夫婦関係を築くためには親子関係を見直すことが必要です。今回はその方法を解説します。
第28回 笑顔は人間関係の潤滑油
笑顔の持つ効果を夫婦関係に取り入れると驚くほど改善されていきます。科学的な根拠も解説していきます。
第29回 肯定的な言葉で表現する
肯定的な言葉は心にも変化を及ぼし、夫婦関係にも良い影響を与えるのです。具体的な例をあげて説明致します。
第30回 態度を通じた表現力
説得力のある表現方法とは?態度をみせた表現の強さ解説していきます。