第4回夫婦愛で大切な愛情表現

第4回夫婦愛で大切な愛情表現

今回のタイトルは、「夫婦愛で大切な愛情表現」と題してお話します。

 

よろしくお願いします。今回もあるご婦人からの相談からです。

 

=相談=

 

自分としてはもっと感動的な結婚生活をしたいと願って

 

いるのに、なぜか二人の間の心がしっくりしません。

 

夫は感情をほとんど表さないタイプなので、私をどう

 

思ってくれているのか?よく分かりません。

 

この前、そのことを思い切って言いました。

 

夫は、顔を真っ赤にして

 

「そんなこと、いちいち言わなくても分かっているだろう!

 

俺は、お前や子供たちを思っているから、働いているんだ!」

 

と叱られてしまいました。

 

それでも私としては、スッキリしません。なんというか、

 

愛されている実感がないのです。

 

 

こんな悩みでした。

 

 

夫婦愛を表現する

 

夫婦愛

 

全く同じ悩みを男性からの側面から、聞くこともあります。

 

今日は、これについて考えてみましょう。

 

私たち人間が、最も強い欲求とは何でしょうか?

 

それは「愛されたい」という欲求です。

 

この欲求が満たされた時、私は幸せだと感じることができますが、

 

反対に満たされない時は、自分は不幸だと感じます。

 

では愛情を持っていればいいじゃないかとなります。

 

私も相手を思っているし、相手も思っているから心配ないと

 

考えがちです。

 

しかし、この相談にあるように「思っている」だけでは

 

感動的な結婚生活はできないということです。

 

ここで大切になるのが・・・

 

 

「愛の表面化」です。

 

 

 

「愛の表面化」とは・・・愛情は、自分で持っているだけではなく、

 

 

それを相手にハッキリ分かるように形に表すということです。

 

 

 

 

そこで困った問題があります。

 

 

私たち日本人は、特に愛情表現が苦手だ、不器用だと言われています。

 

中には、愛情なんていうものは、いちいち口に出して言うもの

 

ではないとか、言わない方が奥深いという考えの人もいます。

 

日本人は特に多いのではないでしょうか。

 

確かに、もう二人の関係がもの凄い深い信頼関係で結ばれて

 

いるもう何も言葉は必要ないという所まで来ているのであれば、

 

あえて必要ではないかと思います。

 

 

そのような段階ではないのに、お互い黙っている、表現をあまり

 

しない、寡黙だというのであると百年経っても変わらないのでは

 

ないでしょうか。

 

そこで愛情というのは、持っているだけでは伝わらない、

 

ハッキリと表現して相手に通ずるといえます。

 

 

 

では愛情表現にはどんな方法があるでしょうか?

 

 

 

「愛情表現の手段」

 

 

には3つの手段があります。

 

「言葉」

 

 

「態度」

 

 

「文章」

 

 

となります。

 

 

それでは、具体的な例をあげながら、みていきましょう。

 

 

 

1. 言葉で伝える

 

夫婦愛

 

愛情表現の第一歩は「あいさつ」から

 

 

あいさつというのは、実は愛情表現の第一歩だと思います。

 

例えば、道を歩いていたとしましょう。

 

 

向こうから、自分の知っている近所の方が歩いて来ました。

 

こちらの顔を知っているはずなのに、その人は知らん顔で

 

通りすぎてしまいました。

 

 

皆さん、その場合、どのように感じるか想像してみて下さい。

 

その人は、自分に好意を持っていない、あるいは、

 

好く思っていないという気持ちを感じると思います。

 

ところが、またしばらく歩いていたら、別の人がやって来て、

 

その人は30mも離れた所から、私を見つけて「あっ、○○さん〜!」

 

 

と言って大きな声をかけてくれ、楽しそうにおしゃべりを

 

してくれ、「じゃ、またね〜」と別れました。

 

その場合、相手の人が親しく対してくれて、私に好意に思って

 

くれる心を感じます。

 

このように、「あいさつ」というのは大切です。

 

「親しき仲にも礼儀あり」

 

最も親しい関係である夫婦、親子、兄弟という家族の間でも、

 

やはり「あいさつ」をすることは重要です。

 

ですから、

 

 

「おはよう」

 

 

「行ってらっしゃい」

 

 

「行ってきます」

 

 

「ただいま」

 

 

「お帰りなさい」

 

 

休む時には・・・

 

 

「おやすみなさい」

 

 

このように、あいさつを笑顔で元気よくするということです。

 

たとえ、昨夜、夫婦喧嘩したとしても、今朝は何事も

 

なかったように「あいさつ」をする。

 

 

すると、スッと雰囲気が変わってしまうこともあります。

 

このような、「あいさつ」を土台としながら、夫から妻に対して、

 

妻から夫に対して、言葉で愛情を伝える表現をしてみては

 

どうでしょうか。

 

 

夫から妻に対する愛情表現には、

 

 

例えば、

 

 

「ありがとう、いつも遅くまで家事、大変だね、ご苦労さん」

 

 

「やぁ、今日のご飯おいしかったよ」

 

 

「お母さん、その服よく似合うよ」

 

 

という愛情表現です。

 

このような言葉は、女性は嬉しい言葉であり、夫の優しさを感じるものです。

 

妻がどんなに工夫して食事を準備しても、どんなに服を着飾っても、

 

美容院に行っても、一度も褒めてくれたことがないというのは、

 

 

女性の不満となります。

 

 

 

妻が夫に対しては、尊敬の気持ちを込めていくとよいでしょう。

 

夫が帰宅すれば・・・

 

 

「あなた、お帰りなさい。お疲れ様、お茶をいれましょうか?」

 

 

「ありがとう、助かるわ」

 

 

「お父さんって、すごい〜」

 

 

「パパ、だ〜い好き」

 

 

というような言葉で表現してくれたら、夫としては嬉しいですね。

 

 

夫の皆さん、違いますか?

 

 

 

男性としては、すごく嬉しいし、このような言葉を

 

かけてくれる妻は、いとおしく感じます。

 

 

 

次は「態度」です。

 

 

 

 

2.態度で表現する

 

夫婦愛

 

これは、いろんな方法があります。

 

夫から妻に対しては

 

 

簡単なものは、買い物で重い荷物を持ってあげる、家の修理や

 

掃除を自分からしてあげるとか、妻が疲れているようだったら、

 

 

皿洗いを手伝ってあげたり、肩もみをしてあげたり、ゴミだしをする。

 

子供と一緒に遊んであげる、妻に対しては、折りにつけプレゼントを

 

あげる、妻が落ち込んでいる時は、傍に行って座って黙って妻の手を

 

取ってあげて、「お母さん、どうしたの?」こんな一言をかけてあげる。

 

 

出張に出掛ける時には、「行ってくるよ」と言ってキスをしてあげたり、

 

帰って来た時には「ただいま」と言って抱擁してあげる。

 

 

このような態度で愛情表現をしてみましょう。

 

 

妻から夫に対しての愛情表現

 

妻から夫に対しての愛情表現もいろいろあります。

 

まず、毎日の見送りです。

 

 

全く見送りをしない人もいますが、出来れば玄関の上がり口まで、

 

もっと理想的なのは、外まで出て夫の姿が見えなくなるまで、じっと

 

 

後ろ姿を見守ってあげる、手を振らなくても、じっと見守ってあげる

 

ことを妻がしてくれたら、「あっ〜妻は自分のことを思っていて

 

くれるんだなぁ」という気持ちが伝わってきます。

 

 

 

家に迎える場合もそうです。「お出迎え」です。

 

これもピンからキリまであります。

 

奥の方で家事をしていて、小さな声で「あ〜、お帰り」という

 

「お出迎え」もあります。

 

 

これよりもさらに、一旦、すべての作業を中断して、玄関まで

 

行って「あなた、お帰りなさい」と言ってにこやかに迎えてあげる

 

ならば、夫は嬉しくなるでしょう。

 

 

また夫の身の回りの世話をしてあげる。

 

夫の好きな食べ物を準備してあげる。

 

買い物や散歩の時は、夫の腕を取って歩く。

 

 

片付けが終わって、テレビを見ている夫の横に

 

座って肩にそっと寄り添う。

 

 

夫が疲れているようだったら、肩を揉んであげたり、

 

あるいはマッサージをしてあげる。

 

 

 

また、お風呂に入って背中を流してあげる、

 

 

また、夫の居場所を作ってあげるということも大切なことです。

 

 

 

夫の不満の声でよく聞くのが、家に帰っても居場所がないと

 

いうことです。

 

 

 

広い家ならば、夫の部屋というものもあるでしょうが、

 

アパートやマンションならば、部屋数が少ないので、

 

 

そうすると、家の中のことは奥さんが取り仕切っていて、

 

子供優先、奥さん優先となっています。

 

部屋の中に夫がくつろぐ場所、自分の好きなようにできる場所、

 

そのような場所がないという夫がいます。

 

 

 

もし、それがないとすれば、1コーナーをたとえ、1畳でもいいので、

 

作ってあげると落ち着いて物事を考えることができます。

 

 

 

これは夫にとって有り難い配慮です。

 

 

 

3.文章で伝える

 

夫婦愛

 

先ほども言ったように日本人は言葉では難しいという人が多いのです。

 

言葉でも難しい、態度も恥ずかしい、でも文章ならば、素直に案外容易に

 

書くことができます。

 

 

 

ちょっとしたメモや、手紙などに書いて妻や夫に渡す方法があります。

 

 

 

例えば、夫からこんな文章があります。

 

いつも感謝しているよ。

 

 

僕はあなたと結婚して良かったと思っている。

 

 

自分は幸せ者だ。全く君のおかげだ。

 

 

君をもっともっと幸せにしてあげたい。

 

 

 

このように、一行でも言葉を書いてくれてある手紙でも

 

もらったならば、とても夫の愛情を感じると思います。

 

 

 

また奥さんから夫に対して、

 

 

「あなたに感謝しています。

 

 

心から頼りにしています。

 

 

いつも口では言わないけれど、

 

 

あなたを尊敬しています」

 

 

「あなたのおかげで、とても幸せです」

 

 

このような気持ちを言葉で表す、

 

そう出来れば本当に嬉しいと思います。

 

 

 

私は、ある家庭でお話した時に、話しが家庭のこと、

 

夫婦のことに及んだ時に、ご主人が「私の宝物を

 

 

お見せしましょうか」と言い出しました。

 

 

私は何だろうと思いました。

 

ご主人は、書斎から一冊の本を持って来られました。

 

私は、その本が何か由緒ある本なのか?と思って見ました。

 

 

中を開けて見ると、中から一枚の紙切れが出て来ました。

 

メモ用紙です。十年前に妻から、後で読んで言ってもらった

 

ものだそうです。

 

 

それは、5、6行の言葉が走り書きで書いてあるのですが、

 

その中の一行に何と書いてあったかというと

 

 

「あなたと結婚して本当に良かった」

 

と書いてありました。

 

 

ご主人は、それがとても嬉しかったというのです。

 

それを捨てることができず、本の中に挟んでおられました。

 

何かある度に、ご主人はじっと見るそうです。

 

 

見ると妻は自分を信じて、私と結婚して良かったと思ってくれる心を

 

感じるので、だったら、絶対に妻を幸せにしてあげたいという気持ち

 

になるそうです。

 

 

だから、これは宝物なんだとおっしゃるのです。

 

 

 

私は走り書きのちょっとしたメモでも、こんなにも胸を

 

打つんだなぁ〜と思いました。

 

 

愛情を表現するということの大切を感じました。

 

 

このように愛情表現をお互いにできるようにするためには

 

努力が必要であるし、また研究が大切です。

 

お互いに愛情表現を努力していけば、私たち夫婦の結婚生活と

 

いうものは、どんどん成長し、変わっていくと思います。

 

 

 

ですから、「夫婦愛は最高の芸術である」であると私は思います。

 

「人生は芸術である」というのは、音楽、絵画をやる人が言う言葉

 

ではなく、「夫婦の愛情表現がなされるとき、結婚生活は芸術になる」と

 

言えるのではないでしょうか。

 

 

 

このようになれば、もう二人が一緒にいること自体が、もう楽しくて、

 

しょうがない、つまり結婚生活そのものが芸術になります。

 

 

 

また、このような夫婦は客観的に周囲の人がみても本当に美しい、

 

夫婦そのものが芸術作品になっていきます。

 

 

 

夫婦の愛情表現ができるようになっていけば、自分たちの生活が

 

芸術作品となります。

 

 

 

でも、皆さん、このような境地に至ろうとすると、

 

 

自分の心の中に

 

 

「やっぱり、許せない」

 

 

「何で私だけ、苦労しないといけないの?」

 

 

 

このような思いが、湧いてきませんか?

 

 

 

実は、それは理由があるのです。

 

何だと思いますか?

 

それは、今後の講座にてお話いたします。

 

 

 

実践のポイント 

 

それでは、実践のポイントをまとめてみましょう。

 

夫婦関係

 

 

夫 妻 欠点思っているだけでは愛情は伝わらない。

 

夫 妻 欠点言葉と態度でハッキリ表現しよう。

 

夫 妻 欠点愛情表現の達人になろう。

 

夫 妻 欠点愛は結婚生活を芸術にする。

 

 

 

 

以上を守りながら、愛のある結婚生活として、

 

 

豊かな人生といたしましょう。

 

 

今回は、ここまでとします。ありがとうございました。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

関連ページ

第1回夫婦の愛は繊細なもの
夫婦の愛は繊細なものです。一瞬にして険悪にしてしまうものとは?
第2回相手の違いを認める
夫婦の性格の不一致をどのように乗り越えればいいのか?具体的な方法とは?
第3回 相手の欠点に悩んだ場合
夫、妻の欠点が見えて悩んだ場合、どのように乗り越えて行けばいいのでしょうか?その対処の方法を説明します。
第5回夫の愛と妻の愛
夫婦関係を修復するためには、夫の妻の愛の違いを知る必要があります。一体、どこが違うのでしょうか?
第6回ありがとうの力
ありがとうという言葉には、不思議な力があるのを知っていますか?夫婦の関係を改善する力、自分の人生まで改善する力があります。その秘密とは・・・?
第7回相手を生かす言葉
言葉には、生かす言葉、死なせてしまう言葉があります。どのような言葉が生かす言葉なのか?を学んでいきます。
第8回男と女の違い
男と女は、そもそも感性が違うのです。お互いが認識することはとて大切です。では、男と女の違いはどこにあるのでしょうか?それは・・・
第9回魅力的な夫婦になるための男らしさ女らしさとは?
男らしい男性、女らしい女性は、とても魅力的です。魅力的な夫婦になるためのポイントとは?
第10回 旦那のイライラはなぜ起こる?その原因とは?
旦那のイライラやキレるという現象はなぜ起こるのでしょうか?そこには「男のプライド」というものがあったのです。その真相に迫ります!
第11回 大切な家事
家事は面倒なものと考えがちですが、家事には愛情を伝達するという大切な役割があるのです。
第12回 金の切れ目が夫婦の切れ目?
夫婦関係に大きく影響するお金の問題、そんな危機を乗り越えるためのポイントを紹介致します。
第13回 夫の願いと妻の願い
夫婦関係がうまくいかないのは夫の願いと妻の願いをよく知らないということがあります。今回はその問題解決に向けてのポイントを紹介致します。
第14回 夫婦の会話
夫婦の会話を円満にするためにはある会話法が人気です。夫婦の会話を変化を起こす話し方とは?
第15回 夫婦は私の鏡
夫婦関係において相手の嫌な面をどのようにとらえていけばいいのでしょうか?今回はこの問題を考えていきます。
第16回 妻が変われば家庭が変わる
家庭の中で妻は大きな役割と力を持っています。今回は幸せの原則と合わせてお話します。
第17回 泣くこと笑うことの大切さ
夫婦で一緒に泣くこと、笑うことはとても大切なものなのです。その重要性をお話します。
第18回 結婚生活に必要なものとは?
結婚生活に必要なものがあります。大きく分けて4点あります。夫婦の間にきちんと準備されていますか?その必要なものとは?
第19回 男のプライドを大切にしよう!
男のプライドは、自尊心です。夫婦関係を修復させるには、男のプライドとはどんなものなのか?を理解し大切にすることが重要です。
第20回 夫婦関係の力を養おう!
夫婦関係は、コミュニケーションで成り立っています。夫婦関係を良くするとは、すなわち、コミュニケーションを良くすることです。そこでコミュニケーションを高める方法を解説していきます。
第21回 価値ある夫、価値ある妻となろう!
夫婦関係を円満にするために、価値ある夫、価値ある妻となるためには、何に気をつけるべきなのかを解説していきます。
第22回 夫婦関係を高める感謝力を身につけよう!
夫婦関係を高めるためには、感謝できる能力が大切です。大石順教先生の教訓を通して学びましょう。
第23回 夫婦関係を高めるために理想を夢に描こう!
夫婦はどこに向かって行こうとしているのでしょうか?目標がない生活は力が出てきません。夢や目標の大切さを解説いたします。
第24回 夫婦は個性の違いを認めよう!
夫婦喧嘩をした時に相手が変わってくれたならばいいのにと思いますが、これが喧嘩の元になっているのです。どうすればいいのか?を解説していきます。
第25回 夫婦関係は傾聴が大切
話し上手は、聞き上手というように、夫婦関係は相手が理解しないとなりがちです。今回は傾聴をテーマとして解説していきます。
第26回 相手を変えるから自分が変わるへ
夫や妻に対して欠点を直してくれたら、うまくいくのにと思いますよね?これって、本当に難しいことなんです。だから夫婦関係は難しくなるのです!
第27回 夫、妻を肯定的に見る
夫婦関係は、親子関係が影響します。円満な夫婦関係を築くためには親子関係を見直すことが必要です。今回はその方法を解説します。
第28回 笑顔は人間関係の潤滑油
笑顔の持つ効果を夫婦関係に取り入れると驚くほど改善されていきます。科学的な根拠も解説していきます。
第29回 肯定的な言葉で表現する
肯定的な言葉は心にも変化を及ぼし、夫婦関係にも良い影響を与えるのです。具体的な例をあげて説明致します。
第30回 態度を通じた表現力
説得力のある表現方法とは?態度をみせた表現の強さ解説していきます。